ホーム > 機能紹介 > おすすめプラグインの紹介

おすすめプラグインの紹介

テーマをNao Lightにするだけでもそれなりのサイトは完成しますが、それでは諸々不足な部分もあります。

是非とも導入してほしいプラグインをご紹介します。

導入推奨プラグイン

※以下の「導入推奨プラグイン」をすべて導入した場合でも、公開中のサイトの表示速度は落ちません。当サイトで検証済みです。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Plugin

WordPressのサイトを作るなら、黙って入れておいてくださいというセキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」です。

管理画面のアドレスと、ログインの画像認証を入れてください。このプラグインがあるのとないのでは大違いです。

Smush Image Compression and Optimization

Smush Image Compression and Optimization
Smush Image Compression and Optimization

画像そのものの圧縮をしてくれるプラグイン「Smush Image Compression and Optimization」です。

容量が大きいとそれだけでページの表示速度が遅くなることがあります。入れておいて損はないプラグインです。

Imsanity

Imasanity
Imasanity

画像の方の視線がちょっと怖いですが、とても優秀なプラグイン「Imasanity」です。

画像をアップロードするときのサイズを設定できます。巨大画像のアップロードをしても、ここで設定した通りの最大サイズに変換してくれます。

既にあるサイトの場合でも、今ある画像の圧縮処理をする機能もついています。

WordPressでサイトを運営しているとどうしても直面する「画像の容量問題」。これを導入してすべて解決、とはなりませんが問題になるまでの時間を長くすることができます。

適宜、サイトも整理整頓はしましょう。

サーバーの容量に悩んでいる方は…

画像削除の方法はこちらを参考に…

※何事も削除は慎重に…このやり方でサイトが復旧できなくなったとしても責任は負えません。

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch
WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch」要は日本語対応プラグインです。

Nao Lightを見ている時点で日本語ユーザーでしょうし、日本語のサイトを作るのだと思いますので、これも問答無用で入れておいてください。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced
TinyMCE Advanced

エディタの拡張プラグイン「TinyMCE Advanced」です。入れておいて損はないでしょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemap
Google XML Sitemap

検索エンジンのためのサイトマップを自動生成する「Google XML Sitemaps」です。

よきにはからってくれます。サイトを更新するとこちらも自動で更新されるので、設置後は特に意識する必要はないでしょう。

これも是非入れておきたいプラグインです。

Simple Page Ordering

Simple Page Ordering
Simple Page Ordering

管理画面の記事一覧ページの表示順をドラッグ&ドロップで入れ替えることができます。

Simple Page Ordering」はあると直感的に操作できるので便利です。

サイトの運営方針状況によっては入れておきたいプラグイン

以下はサイトの運営方針によっては入れておきたいプラグインです。

※以下のプラグインは導入によって表示速度が多少落ちる場合があります。

Advanced Custom Fields

Adavnced Custom Fields
Adavnced Custom Fields

Advanced Custom Fields」は、カスタムフィールドを手軽に使用したい場合にとても役立ちます。

Nao Lightではカスタムフィールドを「サイト説明文」の入力エリアで使用しています。この入力エリアをWordpress管理画面から作成できるツールです(※Nao Lightではこのプラグインを使用していません。テーマ内に記述してサイト説明文の入力エリアを表示しています。)。

Smart Custom Fields

Smart Custom Fields
Smart Custom Fields

Smart Custom Fields」はカスタムフィールドを手軽に使用したい場合、とても役立ちます。Advanced Custom Fieldsと同じことができますが、最近(2019年7月時点)は更新されていないようなので、利用する際は注意が必要かもしれません。

Custom PostType UI

Custom PostType UI
Custom PostType UI

Custom PostType UI」は、投稿以外の投稿場所が欲しいときに使うと便利です。

エンジニア婦人ノートでは「技術情報」と「ワーキングペアレント」でカスタム投稿を使用しています。新着情報は既存の投稿で、それ以外の技術情報の記事は別で管理している、ということになります。

Rinker

RINKER
RINKER

アフィリエイトブログをやる人は御用達、「RINKER」です。商品リンクを商品画像付きで表示できる優れものです。エンジニア婦人ノートは(アフィリエイトブログというほどでもありませんが)、利用しています。

私の紹介記事はこちらから閲覧できます。