ホーム > 投稿記事 > それで大丈夫?普段は気にしないWordPressのname属性

それで大丈夫?普段は気にしないWordPressのname属性

投稿日 : 2017年03月01日   更新日 : 2019年10月04日
カテゴリー : WordPress
それで大丈夫?普段は気にしないWordPressのname属性の画像

こんにちわ、PHPエンジニアのエンジニア婦人(@naho_osada)です。
私はPHPエンジニアとして6年~の経験があります。WordPressは2年~の経験があります。
ここでは主に過去に納品した案件や自サイト運営(エンジニア婦人ノート)で遭遇したことについて書いています。

これはWordPressを触り始めた頃の話です。

当時、とりあえずフォームを作って、WordPressにくっつけてみようと思って作っていました。通常のPHPフォームなら絶対にありえないことが、WordPressと同時に動かそうとしたことで、はまってしまったことがありました。

input typeのnameの名称

名前、内容、メールアドレス入力して送信、みたいな簡易的なものです。

そこで、どうしても確認画面へPOSTできないという事象にハマりました。
他の値はすんなりいくのに。

問題のinputボックスはこちらです。

<input type=”text” name=”name” value=”” />

一見、普通のinputボックス。実際、入力ボックスとしては何も問題はありません。ちゃんと機能しています。

しかしWordPressが絡むとおかしくなる…なぜでしょう。

原因は「name=”name”」

WordPress内でnameは予約語になっているので、使用できない

「テスト用だからとりあえずなんでもいいよね」、と適当に決めたのがいけなかったそうです。
プログラム何も悪くありませんでした。

通常のフォームでしたら問題なく動きます。

まとめ

  • WordPressでname属性の名称を決めるとき、安直に「name」としてはいけない

PHPでWordPressのカスタマイズを始めたばかりで、追加機能を実装しようとしたら起こり得ることでした。

WordPressに限らず、もしよくわからないことでハマってしまったら、もしかして機能の予約語に使われていないか?と疑ってみてください。

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト



この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。承認制のため、表示までに時間がかかる場合があります。

CAPTCHA


内容を確認の上、コメントをお願いします。