NaoLightは、制作者の目線で作ったテーマです。

WordPress制作において、「制作する人」が一番大変なのは何でしょうか。

デザイン?機能の実装?サイトの構成?

その答えは、「全部」。1つに絞れるものではありません。

WordPressはGPLライセンス。基本無料で使えますし、無料で使えるテーマも多くありますが、実際に「サイト(ホームページ)を制作するとき」に大変なことは、なんでしょうか。

それは、

「どこに何があるのかがわかりにくい」

ということです。

多機能であればあるほど、その機能がどこにあるのかを探し当てるまでに時間がかかってしまうのです。
サイト(ホームページ)を制作してお客様に納品する側として、工数がかかるのは避けたいことですよね。

NaoLight -NAOT-は、これを極力回避できるように、シンプルさを目指して制作しました。

それに加えて、サイトではよく使う「ぱんくずリスト」「お問い合わせ」「サイトマップ」「画像拡大」「遅延読み込み」の機能などが入っています(※SIMPLE Versionにはないものもあります)。

基本無料なのに、カスタマイズがほぼ必要になる理由

サイト制作を請け負い、それがWordPressの案件だった場合、「既存テーマのソースを全く触らないで納品」というのは、ほとんどないと思います。
どこかしら、ソースを改修して機能を実装しています。

何も触るのはPHPファイルだけではありません。
CSSも、全く触らないで、ただテーマを適用して文章を入れただけで納品する業者があるでしょうか?

そう、基本は無料で使えたとしても、要望に沿うためには何かしらの改修が入るのがWordPressサイトです。

手軽に始めたい!という「個人のユーザー」は、既存の有料テーマ(SANGO / AFINGER / SWELL など)を使った方がいい結果が得られると思います。

これらのテーマは(使用したことはないので憶測になりますが)PHPファイルなどを触らなくても諸々実装できるように洗練されているからです。
それとは異なり「どこかに納品する制作者」のあなた。

今の納品するベーステーマに、満足していますか?

ヘッダの色を1つ変更するだけだったとしても、カスタマイズする前提のものの場合、作りこまれている素晴らしいテーマであればあるほど、追加のカスタマイズが入れにくくなるジレンマがあります。

NaoLightは、追加のカスタマイズがしやすいように、極力シンプルになるように作りました。

  • カスタマイズ前提のWordPress案件をお持ちのサイト制作者様
  • WordPress案件の納品を生業としている企業様

にぜひ、お勧めしたいテーマです。

NaoLightを、納品するベーステーマの1つに、加えてみませんか?

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

楽しい物造りを

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light -NAOT-の機能

  • 表示速度が、とにかく速い
  • テンプレート機能
  • アイキャッチ画像の自動設定
  • ありそうでない機能たち
  • 基本的なSEO対策
  • 導入推奨プラグイン
  • レスポンシブ対応

詳細はこちらから確認できます!

対応WordPress

  • WordPress5.2以上 ※5.2以下でも動作する可能性はありますが、保証はできません。

2019年11月27日、WordPress5.3に対応していることを確認しました。

News -お知らせ-

WordPress5.3に対応していることを確認しました

2019年11月27日

2019年11月21日に、WordPress5.3がリリースされました。Nao Light-NAOT-は5.3に対応していることを確認いたしました。 WordPressのバージョンアップに強い   …続きを読む

サイトの制作ツールの選び方-本当にWordPressで大丈夫?-

2019年10月08日

今回は、自社サイト、ホームページを制作しようと思っていて、自分のサイトを作ろうとしている、発注しようとしている、受注して見積もりを出している方々に向けて書いています。 現在、WordPre   …続きを読む

WordPressでよく使う分岐の関数-is_xxx()

2019年09月13日

WordPressは内部で多くの関数が用意されています。調べれば「こんなものがあったのか!」と驚くことも。 サイトを細かく設定行く上で欠かせない、そんなWordPress関数をご紹介します   …続きを読む